デオシークとプルーストクリームの比較を調査!どちらがおすすめ?

デオシークとプルーストクリーム

デオシークとプルーストクリームの比較をしてみた!

デオシークプルーストクリームもワキガなどの体の臭いに対して効果が期待できるものであり、どちらも防臭効果に優れています。

この2つを比較すると、臭いケアができる点は同じですが、成分や効果の現れ方は異なっています。

デオシークの特徴と成分・効果

デオシークの場合、デオドラント効果とスキンケアにこだわりをもっており、まず臭いのもととなる汗をブロックし、その後、雑菌を徹底的に殺菌します。

腋臭や体臭は黄色ブドウ球菌やワキガの原因となるコリネバクテリウムキセロシスといった菌が影響して発生していますが、デオシークはこの菌を99.999%殺菌することが可能です。

このことは殺菌力試験が行われており、試験の結果24時間経っても99.999%の殺菌効果があることが判明しました。

高い防殺菌効果を得ることができるのは、デオシークに含まれているイソプロピルメチルフェノールの働きによるものであり、イソプロピルメチルフェノールにより、効率よく殺菌されるため菌が繁殖をしません。

また茶カテキンの25倍ほどの防臭能力がある柿タンニンも含まれており、柿タンニンに含まれるパンシルと呼ばれるポリフェノールによって悪臭をとらえ、臭いが発散しないように抑え込み、さらに無臭の物質へと変化させることができます。一度防臭した臭いは悪臭に戻ることはありません。

この無臭物質の変換は人間が発生してしまう臭いの97%を無臭化させることができるほどの能力であり、アンモニア臭は94.7%、腐った玉ねぎ臭は96%と高い数値になっています。

特に腐った卵臭やニンニク臭に対しては99.7%ほど防臭することができ、様々な臭いをしっかりと抑えさらに無臭にすることが可能です。

またプルーストクリームにはないものとして乾燥からくる臭いにも着目しており、乾燥によって起きてしまった臭いをブロックし、潤いのある肌へと導きます。

しっかりと汗を抑え込みさらに殺菌し、そして防臭する、その後適度に保湿を行うというのが特徴であり、敏感な肌の人にも使用することができるように、天然の植物成分であるジャムウを配合しています。

そのため粘膜以外であれば全身どの場所でも使用することができ、1日2回使用するだけで臭いの原因となる菌が活発に繁殖するのを抑えることができます。

なおクリームだけでなくサプリやボディソープもあるので、同時に使用をするとより臭いを取り除くことができるほか、無香料のためお気に入りの香水などの香りをつけることも可能です。

成分は世界初でもあるデオサラサの他に殺菌成分のイソプロピルメチルフェノール、そして制汗成分であるパラフェノールスルホン酸亜鉛芍薬エキスや海藻エキスなど全部で60種類以上と大変多く含まれています。

なおデオサラサは業界初の独自成分であり、機能性多孔質シリカカプセルの中に柿タンニンを閉じ込めたものになります。

プルーストクリームの特徴と成分・効果

プルーストクリームは殺菌力はもちろんのこと、即効性と持続性に注目したものであり、第三者機関によって黄色ブドウ球菌殺菌効力試験が行われており、99.9%の防臭効果が実証されています。

成分には汗を抑制することができるクロルヒドロキシアルミニウムと皮膚の細菌を殺菌するイソプロピルメチルフェノールの2つが含まれており、厚生労働省にも効果が認められ医薬部外品として認可されています。

臭いを根本から抑え込む力に優れており、臭いが発生すると原因となっている汗と細菌の対策を行い、イソプロピルメチルフェノールによって皮膚表面の細菌を殺菌していきます。

プルーストクリームの良い点は
ポリマー成分のため塗ってもべたつくことがなく、さらにポリマー成分によって皮膚の表面に膜を形成するのでさらさらとした肌触りを維持できることがあげられます。

また、殺菌効果は48時間持続することがわかっており、頻繁に塗る必要はありません。

この殺菌効果と持続力についても臨床実験が行われており、24時間後と48時間後で脇の下の皮膚の細菌を採取し、調べたところきちんと殺菌されていることが実証されました。

医薬部外品のため香料や紫外線吸収剤などすべて無添加であり、肌が弱い場合においても安心して使用することができます。

費用面においてはプルーストクリームの方が手に入りやすい価格であり、その分続けやすいメリットがあります。

デオシークとプルーストクリームはどちらがおすすめ?

この2つを比較すると、どちらも肌にとって優しい成分が含まれており、殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールは共通して含まれています。

無添加であり肌に影響を与えることはありません。

早期に臭いを改善しさらにその効果を持続させたい場合はプルーストクリームが適しており

様々な有効成分によって根本的に臭いを消し、さらに無臭へと変換させたい場合はデオシークが適しています。

デオシークの場合、クリームの他にローションやタブレットもあるので
自分に合った方法で試せるのも特徴であり、人に知られることなく臭いに対しての対策を講じることが可能です。

結論、どちらも優劣つけがたいところですが
>デオシークの方がおすすめのデオドラントアイテムであるかなといえます。